校長挨拶

ようこそ「一宮南高校HP」へ

第11代 校長 前川 晴彦(まえかわ はるひこ)

  一宮南高校は、濃尾平野の北部、一宮市千秋町にある全日制普通科高校です。創立は昭和54 年、 今年度で43 年目を迎えました。卒業生は1万3千人を超え、各方面で活躍をしています。

現在は 各学年8クラス、生徒約960 名が在籍しています。 一宮南高校は進学、部活動、どちらかに力を入れるのではなく、どちらも頑張る「欲張りな」 学校です。生徒たちは、校訓「創造と勤勉」のもと、学習、部活動、学校行事に全力で取り組み、 充実した高校生活を過ごしています。

今年度、本校では、新しい時代に向けた教育の第一歩として、「一宮南高校グランドデザイン」 を定めました。グランドデザインの中では、本校が開校以来、生徒に求めてきた力を、「たくま しく生きる力」「思いやる力」「社会とつながる力」の三つに集約し、本校の使命を、「何事にも 主体的に取り組み、他者とのつながりを通して自らを高め、広く社会の発展に貢献できる人材の 育成」と定めました。

社会で通用する力と人間性を磨き、皆さんの夢を実現するため、本校では、さまざまに工夫を こらした教育活動(授業、進学補習、部活動、学校行事など)を実践しています。また、本校の 明るく元気で情熱あふれる先生方が、夢に向かってチャレンジする生徒の皆さんを万全の態勢で サポートしています。

このホームページには、そうした教育活動の一端が様々な形で紹介されています。ぜひじっく りと覧いただき、参考にしていただきたいと思います。今後とも開かれた魅力ある学校づくりに 努めて参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

1.本校の教育目標

教育基本法の精神にのっとり、国家社会の有為な形成者として、深い知性と豊 かな情操を備え、勤労と責任を重んじ、あらゆる困難を克服できる進取の気性に 富んだ、心身ともに健全な青少年を育成する。

  1. 心と体を鍛え、たくましく生き抜く力をもった人間を育成する。
  2. 創造性豊かで、思いやりのある人間を育成する。
  3. 郷土を愛し、進んで奉仕する人間を育成する。

校訓 :「創造と勤勉」

2.本年度の課題、重点目標

(1) 生徒の主体性を引き出す学習指導

ア わかりやすく、知的好奇心を喚起する授業

イ 「育成したい資質・能力」を意識した指導方法の工夫

ウ 新学習指導要領施行に向けた、カリキュラム・マネジメントの推進と新しい評価方法の研究

エ 生徒用端末配備に向けた、ICTの積極的な活用 オ多忙化解消のための、教員間の教材の共有化

(2) 生徒の自己実現を目指す進路指導

ア主体的な進路選択能力の育成

イ進路目標の早期設定と情報提供の工夫

ウ面談を利用した生徒の特性把握と課題の明確化

エ高い志を持ち、挑戦しようとする意欲の形成

オ総合的な探究の時間を活用した、キャリア教育の研究

(3) 文武両道の推進

ア 部活動の活性化と生徒主体の学校行事の推進

イ 他者と協働する機会、目標に挑戦する場の設定

ウ あらゆる機会を利用した、豊かな人間性と社会性の育成と自己肯定感の向上

(4) 地域から信頼される学校づくり

ア 成人年齢引き下げ(2022)に向けた、社会人としての規範意識の育成

イ 学校ホームページによるタイムリーな情報提供

ウ 学校評価の実施方法やアンケート項目の見直しとPDCAサイクルの推進

エ 安全で安心な学校環境の整備 オ事故や不祥事の防止と働き方改革の推進

カリキュラム

主体性をはぐくむ多様なコース設定

生徒の適正・能力に応じた教育課程を構成し
様々な進路希望に対応できるよう配慮しました。

きめ細やかな学習指導

  • 計画的な「週末課題」

    家庭における学習習慣の確立を目指す

  • 国・数・英などにおける少人数、習熟度別指導

    学力応じた学習指導

  • 早朝・業後の補習、土曜講座、夏期・冬期の補習

    実力養成をめざす

■尾張一宮駅より
名鉄バス岩倉行乗車→元小山下車 東200m、北50m

■名鉄岩倉駅より

名鉄バス尾張一宮駅前行乗車→元小山下車 東200m、北50m