校長挨拶

第10代 校長 森 直人(もり なおひと)

    本校は、濃尾平野の北部、一宮市千秋町にある全日制普通科の進学校です。創立は昭和54年、今年で40周年を迎えます。現在は第1学年8クラス、第2・3学年9クラス、生徒数約1000名が在籍しています。
本校の教育目標は、以下のとおりです。この目標を達成するために、本校ではさまざまに工夫をこらした教育活動(例えば授業、進学補習、部活動、学校行事など)がしっかりと実践されています。また、本校の明るく元気で情熱あふれる先生方は、夢に向かってチャレンジする生徒の皆さんを万全の態勢でサポートしています。
このホームページには、そうした教育活動の一端が様々な形で紹介されています。ぜひじっくりと覧いただき、参考にしていただきたいと思います。今後とも開かれた魅力ある学校づくりに努めて参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

1.本校の教育目標

教育基本法の精神にのっとり、国家社会の有為な形成者として、深い知性と豊 かな情操を備え、勤労と責任を重んじ、あらゆる困難を克服できる進取の気性に 富んだ、心身ともに健全な青少年を育成する。

  1. 心と体を鍛え、たくましく生き抜く力をもった人間を育成する。
  2. 創造性豊かで、思いやりのある人間を育成する。
  3. 郷土を愛し、進んで奉仕する人間を育成する。

校訓 :「創造と勤勉」

2.本年度の課題、重点目標

「学力」と「人間力」を育成し、「自己実現」を図る

その実現のために下記(1)~(3)に取り組む(重点目標は各項目のア)

(1) 学力の育成(目標;基礎学力の定着と応用力の伸張。進路目標の実現)

ア.授業力の向上(思考力・判断力等の育成をめざした発問等の工夫)
イ.家庭学習習慣の確立
ウ.キャリア教育の推進
エ.個に応じたきめ細かな指導

(2) 人間力の育成(目標;自己肯定感と帰属意識の涵養。道徳性・社会性の向上)

ア.学校行事の充実(南高祭を創立40周年記念事業として位置づけ)
イ.部活動の活性化
ウ.基本的生活習慣の確立
エ.人権教育の推進

(3) 教職員の多忙化解消(目標;月刊在校時間80時間超ゼロ)
ア.勤務の割り振り変更・振り替え・年休の活用促進
イ.業務の見直しと再構築
ウ.安全衛生委員会との連携

カリキュラム

主体性をはぐくむ多様なコース設定

生徒の適正・能力に応じた教育課程を構成し
様々な進路希望に対応できるよう配慮しました。

きめ細やかな学習指導

  • 計画的な「週末課題」

    家庭における学習習慣の確立を目指す

  • 英・数などにおける少人数、習熟度別指導

    学力応じた学習指導

  • 早朝・業後の補習、ドリカム講座(土曜学習会)

    実力養成をめざす

■尾張一宮駅より
名鉄バス岩倉行乗車→元小山下車 東200m、北50m

■名鉄岩倉駅より

名鉄バス尾張一宮駅前行乗車→元小山下車 東200m、北50m